Nuss法とは?

ナス法ができるまでの漏斗胸の手術は、胸の肋軟骨の切除と胸骨の切開を必要とする方法でした。その手術にはかなりの時間を要し、健康な胸よりも硬い胸になってしまいます。
  アメリカのドナルド・ナス先生はBiomet Microfixation社の協力のもとに、低侵襲な手術とその手術に必要な弾性に強いステンレスバーを完成させました。
  ナス法は、胸腔鏡を使用しステンレスバーを体内の適正な位置に留置し、漏斗胸を整復する低侵襲手術です。

ステンレスバーは、一人ひとりの患者の胸に合わせて曲げられ、凹んだ胸を持ち上げるように胸骨の下に留置されます。ステンレスバーは外から見ることはできませんが、胸の整復は術後すぐに見ることが出来ます。このステンレスバーは最低2年間体内に留置します。
  合併症はほとんど起こりませんが、どんな手術においても合併症の危険はあります。考えられる合併症については担当医師にお問い合わせ下さい。
保険が利くほか、18未満なら、障害のある子供の医療費を国と都道府県が助成する「育成医療」の対象となります。各都道府県にお問い合わせ下さい。

Nuss法

各営業所はこちら