患者様とそのご家族へ

漏斗胸について

漏斗胸とは、先天的に胸骨や肋骨は変形して胸の中央部が凹む病気で、約1000人に一人の確率で起こります。現在はっきりとした原因は不明で、女子より男子が四倍も多いといわれています。

胸の中央部がくぼむことにより心臓や肺が圧迫されます。そのため、心臓が左側に押しやられ、心機能や肺機能に影響を与えることもあります。

 漏斗胸とは?
 Nuss法とは?
 施術例
 Nuss法漏斗胸手術を受けられる医療施設
 免責事項

漏斗胸について

吸収性骨接合プレート LactoSorb

顔面やアゴ、頭部の骨の固定にかかわる治療では、プレートやスクリュー(ねじ)を使って骨を接合(固定)します。

これまで、骨の接合(固定)には、チタンなど金属素材のプレートが使われてきました。
そして、それにかわりうる数々の長所をそなえたものとして、生体内に広く分布している物質などから作られた体内に吸収される素材、生体吸収性ポリマーのプレートが開発されました。

詳しくはこちら

吸収性骨接合プレート LactoSorb

胸骨固定プレート SternaLock Blu

心臓や肺等、胸部の臓器を手術する際に切開した胸骨(胸の中心に位置する骨)を固定する治療で使用されるチタン製のプレートとスクリューのシステムです。
米国で体の大きな筋力の強い患者様の胸骨固定を目的として開発された高い固定力を持っています。
日本国内でも体の大きな患者様、感染が心配される患者さまや骨の治癒の遅い患者様に使用されています。

詳しくはこちら

胸骨固定プレート SternaLock Blu

各営業所はこちら